CLOSE

BLOG index

オープンハウス。盛況中!

Category / 木のこと
2008 06.03 update

鳥取市行徳地内で開催しております  『直して住む。』 連日盛況中。

誠にありがとうございます。

今週の金曜日までですが、毎日夜の 8:00 まで開催しておりますので 仕事の帰りにでも覗いてみて下さい。

夜の古民家もなかなかいいもんです。

夜の居間。

さてさて、今回は古民家のOMソーラー改修工事ですが、木工事にあたって、新たに地元の木もたくさん

使っています。 松の丸太梁に階段板、杉の床板 など いろいろです。

木の家に住む文化っていいもんですね。 ましてや近くの山の木で作った家ならなおのこと。

地元の気候風土で育った木ですから、家となってからもすんなり馴染みます。 そして よく生きます!

70年生きてきたこの家も、今回の改修を経てこの先どれくらい生き続けるのでしょうか。

おそらく私の寿命よりはるかに永く生きるはず。 私の寿命があと30年あるとすると、 合計して・・・

この地に 百年以上???。

実現すれば素晴らしいことですね。  古いからと言ってガンガン壊すのではなく、ちゃんと遺す役割も我々には

あるのではないでしょうか。

そんなこんなで、  『木の家に住むことを勉強する本』 !

決定版!
タイトルの通り、まさに木の家の良さ、地元の木材の良さ、ほんとの豊かさとは? などなど 、ビギナーから

上級者まで ぜひ持っておきたい一冊。

この本を何冊か会場へ置いておきますので、目ざとく見つけられた方は どうぞ持って帰っちゃってください。

初版の発行からもう9年も経っていますが、中身はまだまだ新鮮。

出会ったのは今から7~8年ほど前で、以来 私の大切な本の中の一冊に。      

『ほんとの家づくりをやらなきゃいかん!』 という決意に至るきっかけをくれた本でもあります。

この機会にぜひどうぞ。 (欠品してたらごめんなさい)
こちらの本もいい本です。
OMの本。

スローでパッシブな生き方、暮らし方。 

環境負荷に配慮した自然と共生する家。  『OM 的生活』 を知りたい方はぜひどうぞ。

こちらも 置いておきます!

ARCHIVES

▼さらに表示する
PAGETOP