CLOSE

BLOG index

ARCHIVE 2008年1月

木造住宅推進協議会。

Category / (社)木造住宅推進協議会
2008 01.31 update

本日は、弊社も所属しております 『鳥取県木造住宅推進協議会・東部支部』 の定例会兼新年会が

開催されました。

ゲストに鳥取県より 住宅政策課、環境立県推進課 の方にお越しいただき、昨今の住宅関連の動向や

今後の取り組みなどについてご教示頂くとともに、双方で活発な意見交換が繰り広げられました。

会議の模様。

県東部で木造一筋の工務店、ソウソウたるメンバーです。

みなさん木造住宅に真摯に取り組んでいらっしゃる方ばかりで、真剣そのもの・・・。 ですが・・。

新年会(少し遅い)が始まると一転、和やかなムードに。

建築についての 『持論』 や全く関係のない 『?』 な話に花が咲きます。

待ってました!

大変に盛り上がり、事態は延長戦へ・・・。          久々に 午前様・・・。

 

さて、この木推協、この秋には優良県産木造住宅のさらなる普及に向けて、大きなイベントを開催する

予定です。

まだ立案中ですが、皆さんに広く楽しんで、そして親しんでいただけるようなイベントとなるよう企画して

おります。  

ワタシも微力ながら尽力いたす所存ですが、皆さん その節はどうぞよろしくおねがいします。

取材がありました!

Category / 本
2008 01.27 update

八頭町 『OMソーラー・縁側のある家』 で雑誌の取材が行われました。

朝、チラチラと雪が降りまして、うっすらと屋根に積もる雪。

これもまたいいもんです。

朝の屋根。

屋根集熱パネルの上にも 雪がありますが、本日も集熱をスタートしており、棟温度はすでに40℃超え。

あったかい空気をどんどん室内に送っています。

一方、室内では取材インタビューと写真撮影がスタート!

お施主様も交え、和気あいあいの感じですすんでいきます。

シャッター・チャンス!

お子様の Y くんの機嫌を見計らって シャッター・チャンスを狙いますが、なかなかムズカシイ。

さて、今回の取材の模様は 、『さんいん・キラリ』 (春号) に掲載予定。

お施主様のOMナイズな暮らし方とパッシブな思考が キラリ とひかる構成になろうかと思います。

朝早くからご協力いただきました H様、ご協力ありがとうございました!

今後ともよろしく お願いいたします。

本日の昼ごはんご紹介。

Category / 食べる
2008 01.22 update

毎日、結構不規則な生活を送っているワタシにとりまして、お昼ごはんは大切な栄養源。

脱メタボのマイスローガンも手伝って、最近、食生活の重要性に目覚めつつあります。

そこで今日は、本日の昼ごはんをご紹介。

お昼はいつもお弁当屋さんに届けてもらっておりますが、

今日は豪華な カニごはん でした!

かに入りごはん。

親カニをズバッと切って ドンと載せたダイナミックな装いに今日は少々とまどいましたが

鳥取の冬ならではのお弁当。   うれしい限りです。

フルセット。 ドーン!

おかずもたっぷり揃っておいしそう。 栄養バランスも考慮してあり、とても美味しくいただいて  完食!

しかしながらこのお弁当、特筆すべきは その価格。

毎日、こんな感じで届けていただいて、 350円 也!

とてもリーズナブルなお値段でご提供いただいており、頭が下がります。

ですからこちらもちゃんと 『ごちそうさま!』 の意を込めて綺麗にお皿を洗って返却します。

当たり前のことですが、ワタクシ この時間を結構大切にしているんです。

何かに感謝の意を持ちながら、ささやかながらもマイルールを決め、毎日実践していくことって

結構難しいんですが、ワタクシの場合、この時間を利用して 『食』 に対する感謝とともに、 『住』 に携わる

者としての自分を見つめる時間としています。

たまーに忘れて ほったらかしの時もありますが、指摘を受け、慌てて 洗ったりしています。

 

ともかく、毎日おいしいお弁当を届けてくださる 『味彩さかゑ』 さん。

ありがとうございます!

今年も宜しくおねがいいたします! 

Category / 環境問題
2008 01.07 update

あけまして おめでとうございます。 

2008年がスタートし、弊社も1月7日より業務を開始いたしました。

昨年は 多くの方々のご支援、ご声援をいただきまして 業務に専励

いたすことができ充実した一年を過ごすことができました

ありがとうございました。 

あらたなご家族、ご家庭との出会いに感謝致しますとともに、またひとつ

新しいお付き合いが始まっていく事に、このうえない喜びを感じております。

この 『宝物』 をずーっと 大切にしていこう! との思いを胸に、

2008年のスタートを迎えたいと思います。

 

さて、この年末年始休業中、慣れない長期休暇ゆえ、テレビを観ながら

ゴロゴロしておりますと、各局とも声高に特集し放映しておりますのが

『地球環境問題』。

どうやらこれは私たちにとって もはや抜き差しならぬ問題となっているようです。

年々増加するいっぽうのCO2排出量ですが、一般家庭からの排出量もかなりの

ウエイトを占めている模様。

便利さと快適さを追い求めてきた私たちの姿勢は、次代へ大きな『負の遺産』を

残そうとしていますが、家庭からだってちゃんと考え、実行できなければいけません。

となると、いろいろな 我慢 をしなくちゃいけないのでしょうか。

じつは、家庭でのエネルギー消費量の60%以上は、冬季の暖房エネルギーと

年間を通じての給湯に要するエネルギーが占めているんだそうです。

しかし、さすがにこれらを我慢するわけにはいきませんね。

でも、その必要エネルギーを『太陽から得られる』となるとどうでしょうか。

もちろんその全てが賄えるわけではないですが、 『自然力を最大限に活かした

パッシブな暮らし方』はこれからの進むべきライフスタイルのベクトルとして

その道筋をはっきりと示しているように思います。

私たちの取り組む 『OMソーラーの家』 は太陽の 『熱』 をそのまま暖房、給湯に

利用するというパッシブ・ソーラーシステムですが、解かりやすくまとまった本が、

いま書店に並んでいます。

 

チルチンびと 別冊 『やっぱりOMの家』 。

やっぱりOMの家。
弊社もちょこっと載っております。

是非、手にとってお買い求めいただけたらと思います。

本年も、スタッフ一同、お施主さま、OBさまのために一生懸命がんばります!

宜しくお願い致します。

ARCHIVES

▼さらに表示する
PAGETOP