CLOSE

BLOG index

ARCHIVE 2019年

計測。

Category / しごと
2019 12.21 update

東大・冬の計測チーム東京大学・前研究室の計測チームが到着

 

ZEH(ゼロエネルギーハウス)の温熱環境調査冬の陣が行われています。2年間の通期で行われる研究の2シーズン目・冬の計測、ということですが 冬とはいえ雪も何もないなか 東京大学より前真之研究室の学生さん、東京理科大の先生らが到着。8月の夏の計測同様に室内の温熱環境の各所計測にあたられます。いつもの通り サーモグラフィーカメラによる撮影や、各所室温調査など 作業は粛々と進行していきますが 特筆なのは 家の中どこへいっても22℃の室温に保たれており、温度差が全く発生していないこと。冬の室内にありがちな 居間だけ暖かく、他は寒々といったことが一切なくて、ヒートショック等を起こす余地など無いかの如く 全館がビッシリと一定の暖かさで保たれています。

東大・冬の計測チーム室内の高所も含め くまなく計測。

エントランスまで。

Category / 物件紹介
2019 11.01 update

アプローチガレージから 雨に濡れないように エントランスまで。

 

 

敷地内に駐車スペースを配置する場合、敷地の有効利用上から前面道路に隣接したエリアにガレージを設けるケースが多いですが、施主様より割と多くあるご要望として ”雨に濡れないように玄関まで” というのがあります。計画がビルトインガレージでない場合、このご要望に対しての回答は やや思考を巡らすこととなりますが、このお宅では弊社特製のS造ガレージから そのままルーフを延長してのエントランス通路を確保しています。通路右側には薪棚を設置いたしまして シーズンともなれば薪の切り木口の並びが 適度なゆるさの壁を形成する予定となっています。

 

段々アプローチ。オフィシャルのアプローチはこちら。段々アプローチ。

 

カウントダウン。

Category / 物件紹介
2019 09.23 update

OMXOさま邸・お引き渡しの直前 take a shot  of   LDK

 

 

長らく進めておりました市内某所に建築中のOさま邸・ZEH(ゼロエネルギーハウス)。ようやくお引き渡しの準備が整ってまいりまして 家具配置の確認も含めての お引き渡し直前SHOT。思えば南北に細長の敷地ゆえ、LDKに届ける自然光をいかに西の陽光を抑えつつ確保するか、ということがテーマではあったのですが 照明とのミキシングも程よく纏まって いい塩梅に落ち着いているようです。とかく燦々と降り注ぐ陽光を採り入れての所謂「明るい空間」をつくるのは容易なのですが、Ua値0.4を守りながらの なるべく直射光によらないなかでの採光策は やや丁寧な検討が求められるのかと思う次第です。今回は西側の多目的デッキに注ぐ陽光を間接光源として採用していますが、この光源もまた 自在に調節可能なようにルーバーブラインドシャッターにて 調光・採風可能としています。

長らくの工事ではありましたが、お施主様のあたたかいご支援・ご協力に感謝申し上げますとともに、自然力を存分に活用したOMXによるオールシーズン全館冷暖房空調システムをご堪能頂ければと思う次第です。

OMX直線配置のDK。直進するとパントリー → サニタリー → バスルームへと続く。

祝・上棟。

Category / 物件紹介
2019 09.20 update

Yさま邸・上棟きゅうけーーい!  かまじいの号令にて昼休憩の開始。

 

 

お日柄も、天候もよろしいようで 本日は市内某所にてYさま邸の上棟。朝一番より開始した上棟作業でありますが お昼頃には屋根下地工事へと順調に進捗しています。心地よい風も通り抜ける屋根の下でみんなで昼食のお弁当を囲みます。上棟の度 これまで幾度となく繰り返された光景ですが、スタッフと大工職全員集合にての昼食は なんとも愉しく美味なもの。冬はかなり堪えますが・・。

余談でありますが 一昨年の春と今年の春に1名づつあらたに新卒大工(志望)職が入社しておりまして、遠くから上棟時の動きを俯瞰しておりますと 段々と様になってきたようで ちょっとだけ感心。ただ 若いのでお弁当もあっという間にペロリであります・・。

 

終盤戦。

Category / 物件紹介
2019 09.02 update

フェンス設置市内某所に建つ Oさま邸。 工事はいよいよ大詰め。

 

暑さもようやく一段落の気配でありますが、市内某所Oさま邸では 内部工事も目処がつきまして フェーズはいよいよ外部工事へと移行しております。街区の角っこに建つこのOさま邸、OMXを搭載したZEH(ゼロエネルギーハウス)となっておりまして、全館冷暖房を含めた生活エネルギーを自力で創エネ、太陽熱の自然力も活用したエコロジーハウスです。本日は木製フェンスの取り付けに着手。このあとガレージ工事・外構アプローチ工事を経ましての完成となりますが、植栽工事はお引き渡し後 天候の適切な時期に。工事はいよいよ大詰めであります。

 

灼熱。

Category / 物件紹介
2019 08.08 update

灼熱の地鎮祭。 午前10時 開催の地鎮祭。

 

鳥取市郊外のとても長閑な敷地環境のなか、Yさま邸・地鎮祭を執り行いました。地鎮祭ですので午前に開始となる訳ですが、10時の時点ですでに33℃越え・・。日除けテントを設置するとはいうものの 侵入してくる直射日光があまりにもきつい為、テント内のパイプ椅子も 日陰の方向へとだんだんとスライドしていきます。

 

DSC_8280のコピー

竣工予定模型はこちら。OMソーラーのP・A(全館冷暖房パッシブエアコン)搭載の家。シンプルで清々しいお宅が年末年始頃には 完成の予定です。皆様 お暑い中 ご苦労様でございました。

 

 

 

FIN。

Category / ブログ
2019 06.12 update

Iさま邸・リビング。

Iさま邸・ピットリビング。 静寂のなか主人(あるじ)の入居を待つ。

 

 

市内某所にて建築中でありましたIさま邸。梅雨入りを前にこの度ようやく完成の運びと相成った次第です。このお宅は ピット状に落とし込んだエリアをリビングとし、両サイドに畳スペースと階段(吹き抜け)が同居する 水平・垂直展開の構成となっています。今後永きにわたっての生活のなか、このピット内のレイアウトは多岐に変化していくものとは思いますが、ソファで寛ぐもよし、窓辺や畳に腰を掛けるもよし、と こう見えて意外に大勢のひとが集えるスペースとなっています。 そうそう、ピット内カーペットや畳にゴロンでもいいでしょう。OMXを搭載したZEH(ゼロエネルギーハウス)のIさま邸。ずいぶんとお待たせは致しましたが、存分にお寛ぎ頂けましたら幸甚でございます。

 

サニタリー。

Category / ブログ
2019 05.18 update

Sさま邸・サニタリ

Sさま邸サニタリー

 

平面計画・配置計画のなかで なんとなく雑多で 何かと薄暗い方角へと追いやられがちな水廻り・サニタリーですが 自然光を採り入れ 適切な収納群で囲まれますと スッキリと やや気分もUPな感じのサニタリーエリアとなるようです。脱衣所兼用のエリアとなることから Sさま邸ではご家族のタオルや衣類などをふんだんに収容できる ロッカーのような収納スペースが備えられました。収納されるものの通気性も考慮に入れ しきり建具はルーバー建具としています。目的への動線経路上に 必要なものがキチンと収納されることは ときに大きな納戸収納よりも有効に作用するものと思います。

 

少しづつ。

Category / ブログ
2019 04.13 update

倉庫棟リニュアルing

足場が撤去された弊社倉庫棟。

 

徐々に、じょじょー・・に進んでいく、弊社倉庫棟リニュアル工事。毎日ミリ単位ですが進捗いたしまして ようやく外部意匠工事の手が離れた状況・・。着工から1年半の歳月を経て なんと、これからやっと内部木工事・内装工事に着手しようとするところ。人手不足・職人不足とは なんとも恐ろしいものであります。永らくよろず倉庫としてほぼ放置状態にあったこの倉庫棟も、さすがに年内には新たな役割を得られる模様。これからはややスピードを増して完成に向け進めたいと思う次第です。

 

倉庫棟リニュアルing開口部も全て入った。

お引き渡し。

Category / 物件紹介
2019 03.28 update

M邸・ストレートキッチン。ZEH(ゼロネルギーハウス)M・Hさま邸・お引き渡し

 

 

年度末になりますと やはりといいますか、さすがにお引き渡し物件が増えて参ります。本日は市内某所住宅街区に竣工しましたお宅のお引き渡し。OMXを搭載したZEH(ゼロエネルギーハウス)でありますので 春とはいえまだ肌寒い外気と違って、室内は無類の暖かさ。カクッと切り取られた吹き抜けから 程良い自然光を採り入れながらの空間に、製作ストレートキッチンとウォルナットテーブルが直列で繋がる展開となっています。キッチンの背面には収容力満載のバックヤードが控えておりまして、食品庫・収納庫としての用途のみならず、家事室、ちょこちょこ仕事ヤードとしても機能し、サニタリーエリアへのショートカット・ルートでもあったりします。工事期間中には 盤石なる弊社とのタイアップ・温かいお言葉・ご協力と数々のご厚情を賜りましたこと誠にありがとうございました!ご入居後、どうぞごゆるりとご堪能いただければと思う次第です。

バックヤード有り。キッチンの背後には バックヤード完備。

ARCHIVES

▼さらに表示する
PAGETOP